menu
Freely Design Box | 施主目線で家づくりをサポート
保存したブックマーク
【販売開始】KIBARIの家 緑園都市モデルハウス(限定一棟)

【販売開始】KIBARIの家 緑園都市モデルハウス(限定一棟)

【販売開始】KIBARIの家 緑園都市モデルハウス(限定一棟)

2月よりモデルハウスとして公開をしておりました『KIBARIの家 緑園都市モデルハウス』の販売をGWから開始致しました。モデルハウス仕様として、デザイン・性能・素材などをこだわりぬいてつくった家になりますので是非ご覧ください。

まずこだわったのが敷地特性をどう活かすかという点

縁があり100坪の土地で分譲地の計画をすることになりした。最初にこの土地に立った際に東側に広がっていく空の感じがとても気持ちよく感じました。この土地は西から東に向かって下り坂になっているので、見晴らしが素晴らしい。特に東一帯に戸塚カントリークラブの大きな森があって、南東に猿田彦神社、南西に緑園東公園、という具合にどこを向いても緑に溢れています。ここで計画をするのであればこの土地の最大の特徴を活かすことの出来る2区画の分割計画が出来ないかと考えました。通常このような土地の分割を考える場合、南北に細長く縦割りに考えるのがセオリーかもしれません。ただ、この案ですと間口がとても狭く限られてしまい、抜けのよい方角に窓を作ることができないので、せっかくの眺望を活かすことができません。また真南はちょうど道路の向かい側の家が視界に入ってしまいますし、西側の区画(下図の家1)は挟まれた両側の家の影になってしまい十分な日照を得られません。なのであえてセオリーではなく、南と北に土地を分割して家を横向きに並べて建てる計画としました。

建物の計画はそれぞれの配置や家の窓の抜け感などをきちんと設計すれば、すごく静かで落ち着いた家に仕上がると考えました。「モデルハウス」と「北側の家」の両方をデザイン考え、日照シミュレーションを使って2軒とも十分な太陽の光を得られるか検証をおこない、設計次第で奥の家でも日射や眺望が確保できる気持ちいい間取りが出来る事がわかりました。

通常セオリーと考えられる縦割りの分割案
今回チャレンジした眺望・借景をふんだんに確保できる分割案

間取りのポイント~1階編

4人家族の暮らしをイメージしてゆったりと過ごせる広さを確保。敷地の特徴を活かしてLDKは2階に配置して眺望や借景を愉しめる居心地の良い場所を随所に設けました。各部のパーツ・アイテムにもこだわり、住み手の使い心地に配慮した工夫を詰め込んでみました。

玄関スペース

玄関を入ったスペースはセカンドリビングとしても使える広々としたスペースにしました。土間からのびやかに繋がる屋外デッキのスペースも合わせれば約13帖の大きな空間になります。趣味の事、BBQ、子供の遊び場、デッキにタープを張ってママ友のお茶会などはいかがですか?また暖炉風のガスファンヒーターを設置しているので冬の夜はチロチロ燃える火をみながらお酒片手に寛ぎの時間にも・・。

室内にもグレーの外壁のカラマツを張ってインテリアのアクセントに・・小窓の向こうには?
土間から繋がるウッドデッキ、木製フェンスで回りからの視線もカットされプライベートな空間に
ウッドフェンスを背景にグリーンを植えると、さらに気持ちのいい空間になるはずです。
これでガスファンヒーターなんです。住宅地で薪ストーブは置きずらいので探しました。とにかく暖まります、この冬はこれ一台で2階もほんわかと暖かったです。炎の見え方がとてもいい感じです!因みに国産製です。
玄関脇に手洗いを設けました。手を洗ってからお家に・・これも最近の人気アイテムです。玄関に水場があるとデッキでのお茶を飲むのにも便利です。
玄関脇に設置した大型の下駄箱&コート掛け。靴や雑多な物をたっぷり収納出来ます。

書斎コーナー

土間続きに書斎コーナーを作りました。リモートワークが増えた近年で必ずと言ってもいいほど確保するスペースです。あえて土間レベルに設けたのは仕事の際には靴に履き替えてデスクに座る。スイッチが切り替わりませんか?仕事に疲れたら土間スペースにてブレイクタイム。背景のブルーの壁も効いてて意外と落ち着くいい空間に仕上がりました。

主寝室

ベッドボードとして使える小さなカウンター設けました。隣接するウォークインクローゼットは約2.2帖の広さがありたっぷり収納出来ます。

床材はオークの無垢材になります。

子供部屋

寝室1・2は子供部屋の想定をしています。陽当たり抜群でとても明るい部屋です。床は素足で過ごしても気持ちのいいカラマツの無垢材です。

寝室1
寝室2

トイレ(1階)

トイレの床はお手入れのしやすいタイル貼りにしました。インテリアはグレーを基調にシックな感じに仕上げています。

階段下収納

階段下を有効利用した収納になります。意外と大きく日常の雑多の物がたっぷり収納出来ます。

間取りのポイント~2階編

リビング

リビングは周囲に広がる森の緑を借景に隣家の視線を感じることなくゆったりと寛げる場所になります。夜は勾配天井の間接照明は落ち着いたリビングタイムを演出します。リビングの一角に家族で使えるファミリーカウンターを設けました。子供の勉強にパソコンデスクに多用途に使えます。床材にはチークの無垢材を採用しています。

インナーバルコニー

街との干渉スペースとしての機能を併せ持つバルコニーはリビングと一体的な利用が出来る使い勝手の良い場所になります。植物を育てたり、ハンモックを吊るしたり、水栓もあるので夏は子供のプール遊びにも最適です。暖かい日にゆったり椅子に座り、景色を眺めるのも至福の時間です。

ダイニング

この家で、朝の光が一番気持ちの良い場所に設けました。緑豊かな丘陵の街並みを一望する開放感のあるダイニングで迎える朝は格別なものがあります。夕暮れ時や星空広がる夜も、もちろん素敵です!コーナーの出窓が広がりのある空間を作っています。

キッチン

奥行きあるオープンキッチン、家族みんなで料理ができるように通路幅を少し広めにとりました。床は石目調の大判タイル仕上げにして汚れにも配慮しました。キッチンはオリジナルのオーダーキッチンを採用しています、面材をレッドガムのつき板仕様にして設備としてはではなく、インテリアの一部となるような仕上がりにしました。キッチンの背面収納は住まい手に応じて様々な仕様で追加することが可能です。

キッチンTOPは天板にはサイルストーン・シンクはカラーシンクを採用

洗面

幅の広いカウンター(W=1.2m)と造り付けの収納棚を設けています。好みに合わせて既成の収納カゴ等を用いてスッキリと収納が出来ます。洗濯機置き場の近くにはハンガーパイプを設置して家事の効率化を図っています。

洗面はデザインの良いドイツの衛生器具メーカーDuravitデュラビット)社の洗面ボールを採用

屋根裏収納

屋根勾配を活かして約6帖の屋根裏収納部屋を設けました。季節の入れ替え物や思い出の品等、たっぷりと収納が出来ます。

インテリアウォール

1階土間の青い壁と2階リビングのグレーの壁は自然素材塗料を使ってデザインをしています。ドイツで作られている塗料でヨーロッパらしい絶妙な色味と発色の良さ、さらに、土からつくられている天然塗料で、生産から廃棄まで自然環境に負荷をかけないという特徴がKIBARIのコンセプトにとても合っているということで採用しました。

なんとも言えない印影と深みのある仕上がりでインテリアを引き締めています。

今回はモデルハウスの建築という事もあり、この他にも拘ってつくったポイントはいくつもあります。是非、実物をご覧いただき素材の良さ、居心地の良さを体感頂ければと思います。

物件概要

【土地】

  • 所在地 :横浜市泉区緑園5-3-22  
  • 権利:所有権
  • 敷地面積: 154.71m2(46.79坪)
  • 地目:宅地  
  • 道路種別:公道(42条1項1号)  
  • 接道:幅員 南側 約8.0m、間口:約13.2m  
  • セットバック:なし

【建物】

  • 構造:木造軸組工法  
  • 建物面積 1階:61.02m2  2階:61.84m2  延床面積:122.86m2(37.16坪)別途、屋根裏収納  11.17m2(3.38坪)あり
  • 間取りタイプ:3LDK+ロフト+WIC+シュークローク(他収納スペースあり)  
  • 耐震等級:3(最高等級)  断熱性能: HEAT20 G2(Ua値 0.45)気密性能:C値 0.7cm2/m2 
  • 住宅認定: 長期優良住宅取得、フラット35対応

【制限】

  • 建ぺい率:40%  容積率:80%  
  • 用途地域:第一種低層住居専用地域  
  • 防火地域:なし  
  • その他制限:外壁後退 前面道路から1m、敷地最低面積 125m2、第一種高度地区、高さ制限 10m、緑化地域

【施設】

  • 水道:公共  ガス:都市ガス  汚水:公共  雑排水:公共

【周辺施設】

  • 緑園都市駅:歩8分(600m)  
  • 横浜市立義務教育学校緑園学園:歩6分(450m)  
  • フェリス女学院大学:歩4分(300m)  
  • 駅前ショッピングセンター 歩7分(550m)  
  • 駅前通りショッピング施設:歩5分(400m)

販売価格・引き渡し時期

  • 9200万円(税込み)
  • 7月末予定

アクセス&ご見学について

  • 現地所在地:横浜市泉区緑園5-3-22
  • 交通アクセス:相鉄いずみ野線「緑園都市駅」徒歩8分
  • 土・日・祝日はOPENしておりますので、予約なしでご覧いただけます。
  • 平日も水曜日以外は基本ご覧いただけますが、スタッフが不在の場合もあるため、念のため、ご連絡をいただけますと幸いです。

※お車でお越しの方は、事前にご連絡(045-479-2209)いただけますと駐車スペースをご案内いたします。
※メールにてご質問・見学予約もお受けいたしますので、下記「問い合わせフォーム」にてご要件をお知らせください。

こちらの記事も参考になります

関連記事

KIBARI®モデルハウスの詳細はこちら
未来から考える家づくり
Backward from the Future
詳しく見る

人気のキーワード